2017年シマノ新製品「ベイトフィネス専用リール」2機種登場?2017年モデルチェンジの製品が明かに!

2017年にシマノから新しく発表されるリールやロッドが気になっている方も多いと思います。

他メーカーは既に新製品の情報が出始めているようですが、シマノだけはまだ情報が無いままでしたので、調査したところ2017年に発表される新型リールが判明しましたのでご紹介します!

2017年はなんとベイトフィネス専用リールが2機種登場します。

2016年の春に発売された 16アルデバランBFS XG は、マグネットブレーキを採用したフィネスチューンブレーキシステムで大きく進歩したモデルチェンジでしたが、そのシステムが「カルカッタコンクエスト」と「スコーピオン」に搭載され、BFS版として2017年に登場します。

更にスコーピオン、クロナーク、コンプレックスもモデルチェンジされるようで、2017年はミドルエンドからローエンド機種のモデルチェンジを行い、性能の底上げをはかりラインナップが一層充実する内容となります。

また噂されていた17カルカッタコンクエストDCも現時点では不明、17カルカッタコンクエストBFSが出ることまでは分かりましたが、ラインナップがまだ不明でDCもいずれ登場するかもしれません。

ロッドに関しては、ポイズンアルティマとポイズングロリアスとバンタムロッドにモデル追加が行われ、エクスプライドがフルモデルチェンジを果たします。

現在分かる範囲でまとめると2017年の新製品は以下となります。

【リール】
・17カルカッタコンクエストBFS HG
・17クロナークMGL(150/150HG/150XG/151/151HG/151XG)
・17スコーピオンDC(100/100HG/101/101HG)
・17スコーピオンBFS XG
・17バスワンXT
・17コンプレックスCI4+
・17アルテグラ

【ロッド】
・エクスプライド フルモデルチェンジ
・ポイズンアルティマ モデル追加
・ポイズングロリアス モデル追加
・バンタム モデル追加

全てを紹介仕切れないので、気になる製品から見ていきたいと思います!

17カルカッタコンクエストBFS HG

17カルカッタコンクエストBFS HG

17カルカッタコンクエストBFS HG
出典:製品情報|シマノ

16アルデバランBFS XG に搭載されているFTB(フィネスチューンブレーキシステム)をカルカッタコンクエストにも搭載、ベイトフィネス専用リールのハイエンドモデルとして登場します。

ボディの形状は14カルカッタコンクエストと同じようで、カラーはガンメタに仕上がっています。

カルカッタコンクエストは剛性が売りなのと、巻物で使われるので他のリールから比べると自重があり、ベイトフィネスとして使うには少し無理があるのではと思ってしまった…、コンクエストDC50かカーディフ50に代わる位置づけのようだ。

小型プラグを巻くことを想定して使うなら有りですが、ベイトフィネスではタックルバランスも必要で自重が軽いに越したことはないので、17カルカッタコンクエストBFSがどれだけ軽量化されているか非常に気になるところです。

17クロナークMGL

17クロナークMGL

17クロナークMGL
出典:製品情報|シマノ

クロナークCI4+は発売されてそれほど年月が経っていませんが早くもモデルチェンジが行われます。今回は大幅に性能アップされてMGLとマイクロモジュールギアが搭載されます。

デザインはグレー基調の色をしていて09アルデバランと非常に良く似ているデザインとなります。

クロナークはビッグベイトやパワーゲームでの使用に特化しているリールなので、スプールのラインキャパシティも太いラインを大容量に巻けるように確保されていました。

17スコーピオンDC、17スコーピオンBFS XG

1717スコーピオンDC

17スコーピオンDC
出典:製品情報|シマノ

17スコーピオンBFS XG

17スコーピオンBFS XG
出典:製品情報|シマノ

スコーピオンDCもモデルチェンジされるようで、DCの中では最も低価格な製品となるようです。またベイトフィネスのモデルも新しく追加され、FTB(フィネスチューンブレーキシステム)が搭載されたます。

スコーピオンは上位機種との差別化を図るためかMGLは搭載してこなかった模様、その代わりベイトフィネス専用リールを位置づけることで、低価格でベイトフィネスを導入できるようになりそうです。

まとめ

2016年は16アンタレスDCや16アルデバランBFS XGなど目玉となる製品が登場したので大変驚かされた年でしたが、2017年はインパクトに少し欠けるモデルチェンジとなりそうです。

2017年の目玉リールは恐らく「17カルカッタコンクエストBFS」と「17クロナークMGL」で、もしかしたら他にも隠し玉があるかもしれません。詳しくは Rod and Reel 2017年2月号に掲載されるそうで、近日発売の雑誌やメディアで公表されると思います。

また、バス釣りとはあまり関係のないソルト用のリールでは、エクスセンスのベイト&スピニングの両方がモデルチェンジされ、エクスセンスDCに関しては16アンタレスDCをそのままブラックにしたデザインで登場予定です。

他にもスピニングリールはコンプレックスCI4+がモデルチェンジ、ロッドはエクスプライドがフルモデルチェンジし、グロリアスとアルティマとバンタムのロッドにモデル追加が行われます。

シマノのものづくりは新しい技術を開発すると後続機種に次々と搭載していく傾向があり、今回は無難なところを出してきたように感じました。また新技術については公表されるまで分かりませんが、来年のフィッシングショーで全容が明らかになりますので発表が楽しみです。

詳細やスペックは不明ですので、詳しい情報が分かり次第改めて別記事にしたいと思います。

追記(2016年12月26日)

ルアーマガジン2017年2月号およびロッド&リール2017年2月号に掲載されていました。

コメント一覧

※コメントは管理人の確認後に表示されます。

  • バルコマン より:

    来年のシマノはそそられる新機種が出るんですね( ☆∀☆)

    来年のダイワはダメな年になりそうなのでシマノの飛躍に期待ですね

    • 管理人 より:

      >バルコマンさん
      来年のシマノの新機種は予想と違って意外なところをモデルチェンジしてきました。
      ダイワはダメな年になりそうなんですね…。
      ダイワもまだ未公表のものもあると思うので、何が起こるか分かりませんよ(^^)

  • こーすけ より:

    最速情報乙です。
    来年のスコーピオンは何色ですかね?

    • 管理人 より:

      >こーすけさん
      拝見いただきありがとうございます。
      スコーピオンは黒となります。
      スコーピオンBFSはローズ色混じりのガンメタとなっていて、少し変わった感じの色合いのようです。

  • てつお より:

    バンタムロッドのスペックわかりますか?

    • 管理人 より:

      >てつおさん
      バンタムロッドは180XXH-SBとジャイアントビッグベイトロッド(700gクラスのルアーまで扱えるモデル)の2本が現在分かっています。それ以外は今のところ不明です。

  • モンドリャーファイター より:

    情報ありがとうございます。

    ダイワは宣伝広告に力を入れるばかりで、現状は脱ローターしないともう限界ですね。あと金型精度のばらつきとか検品体制もそろそろちゃんとしてもらわないと。
    ちなみにエクスセンスDCはアンタレスベースでしょうか?課題の飛距離と新たなSPモードやMGLスプールの有無など情報が頂けると幸いです!

    • 管理人 より:

      >モンドリャーファイターさん
      拝見いただきありがとうございます。
      ダイワは早くから宣伝を始める傾向がありますね!
      エクスセンスDCはアンタレスベースです。
      SPモードやMGLスプールの有無などの情報やスペックは今のところ不明です。

  • こーすけ より:

    情報ありがとうございます。
    実際スコーピオン、丸型でBFS?と思いますが、多少ズレた路線で
    メーカーも冒険してくれるなら自分達も冒険したくなりますね、
    ちょっと使ってみたいなぁ、と思わせるシマノさんやっぱり上手‼︎
    ダイワさんはT3以来、石橋を叩きすぎ‼︎
    もっと冒険してほしいですね‼︎

    • 管理人 より:

      >こーすけさん
      スコーピオンBFSは現行のNEWスコーピオンをベイトフィネスにしたようなモデルのようです。
      リールはかなり進化しているので冒険は少ないかもしれませんが、新しい技術を開発しモデルチェンジを繰り返してどんどん良くなっていくでしょう!
      シマノは上手いところを出してくるので新しいのが出れば毎回使ってみたくなりますね!

  • chicchi より:

    ソアレ、カーディフ、アルテグラは変わりますよね?きっと

    • 管理人 より:

      >chicchiさん
      ソアレとカーディフについては分かりません…
      アルテグラはモデルチェンジされます。

  • モンドリャーファイター より:

    コメントありがとうございます。

    はやく詳細情報がほしいですね。
    アルデのFTB使っていますがフィネスはもちろんの事プラグ類も恐ろしく飛びますので、糸巻き量があり普通のハイギア、パワーフィネス的なラインナップも欲しいところです!

    また何か解りましたら宜しくお願い致します。

    • 管理人 より:

      >モンドリャーファイターさん
      詳細情報はロドリ2月号に掲載されるそうです!
      FTBのラインキャパは少ないので糸巻き量がもう少しほしいところですね。
      僕はアルデにアベイルのスプールを入れていて使っていますがフルキャストでラインが無くなります笑
      また詳細が分かり次第更新していきます!

  • モンドリャーファイター より:

    16アルデにアベイルですか?
    FTB用のアベイルスプールもラインナップがあるのですね!
    私はKTFスプールが発売し、速攻交換しましたが3インチクラスのノーシンカーでもスピニングより飛距離もでて弾道も最高です。
    軽量ワームになるほどロッドの性能も左右しますがベイトフィネスリールに関しては完成形と感じています。

    カルコンFTBはフィネス~軽量プラグ等ライトタックル・オールラウンダー的にかなり期待しています。巻きにも特化してそうですし。
    FTBはスプール径(糸巻き量)を変更出来ない弱点を除けば無接点・可変マグ・ローターレスでカンペキですので糸巻き量を確保したブレーキサイズならラインナップ的にも理想ですね!
    もしかするとスコーピオンBFSがアルデよりスプール径が大きく糸巻き量のあるFTBかもですね。
    アルデはあくまでフィネス専用機の立ち位置でしょうし。

    長々すみません、ロドリ二月号にて研究してみます(笑)

    • 管理人 より:

      >モンドリャーファイターさん
      12アルデ BFS XGにアベイルのスプールを入れてマグ化して使っています。
      KTFスプールを16アルデに入れてるんですね!ベイトフィネスリールでは最強の組み合わせですね!
      カルコンFTBの場合は軽量プラグのロングキャストやオールラウンダー的な使い方が多くなると思うので、ラインキャパがもう少し欲しいです。
      スコーピオンBFSは8lbが45mだそうで、ノーマルギアも追加されるそうです!

  • モンドリャーファイター より:

    スコーピオンも以外と糸巻き量よりもフィネス専門設計なんですね!

    そろそろ14カルコンベースの新型カルコンDCにも期待していますがどうでしょうか?
    現行カルコンDCにハイギア設定がないのがシマノさんの戦略の用な気がしますが(^^ゞ

    というか、技術力で勝負しているシマノさんはネタが有り余ってますね(笑)

    ダイワほどコラボリール作ると凄い物が出来そうですが田辺さん・菊本さん辺りと何かブランドコラボ企画してほしいです。

    • 管理人 より:

      >モンドリャーファイターさん
      新型カルコンDCもいずれ出るでしょう!
      14カルコンでベースがあるので、後は新しいDCを開発しMGLを入れればカルコンDCが完成できそうなので、いつのタイミングになるか分かりませんが出す可能性が高いです!
      新型カルコンDCでほぼ確実にハイギアも設定してくるでしょう。
      今回は期待したDCではなくBFSが先に出ましたが、今後もモデルチェンジのネタはたくさんありそうですね(^^)
      シマノはブランドコラボ企画はロッドだけなのでリールも何か作ると面白いかもしれませんね!

  • ネロ より:

    お久しぶりです。情報ありがとうございます。
    ボーナスで16グロリアスの162Lと263Lを検討中です

    • 管理人 より:

      >ネロさん
      ご無沙汰しております!
      16グロリアスの162Lと263Lを検討中なんですね、どちらもフィネス仕様には申し分ないロッドです。
      余談ですが2017年もグロリアスにベイト5本、スピニング2本がモデル追加されるそうです!

  • モンドリャーファイター より:

    カルコンBFS専用機のFTBを出すってことは100サイズ・200サイズ用のラインナップでフィッシングショーあたりでDC解禁しないか期待です!(BFSはDCと同列ラインナップでガンメタと予想)
    フィネスにDCはスプールに構造上磁力体軸パーツの重力があるため50クラスはFTBが最適だと思います。

    どのメーカーを買っても10年前とは比較にならない高性能ですが、FTBを発表された時は突き詰めた他社の技術努力を覆す常識を越えた無接点・可変機構に驚きました。シマノがマグを考えるとこうなるのかと!
    シマノさんにはアルデに留まらず積極的にFTBを採用し技術革新を続けてくれたことに感謝です♪

    • 管理人 より:

      >モンドリャーファイターさん
      カルコンDC早く出してほしいですね、BFSで色が決まったと思うのでDCも同じガンメタで出してくるでしょう!
      DCは後出しで出してきたら嬉しいですが、ハイエンド機のモデルチェンジの場合もう少し先になるのではと思います…。
      FTBは僕も大変驚きました。ベイトフィネスでSVSはどうしても不利なので、マグを使って独自のシステムを考えたシマノの技術力は本当凄いです。
      モデルチェンジを繰り返し少しずつ新機能を開発してくるので、リールやロッドの性能が釣果へも繋がってくると思います(^^)

  • ネロ より:

    またまた情報ありがとうございます。ラインナップが分かるまでは購入は控えておきます‼

    • 管理人 より:

      >ネロさん
      グロリアスのラインナップはルアーマガジンの付録DVDで紹介されています!
      しかしBFSモデルのロッドの追加はありませんので、安く購入したい場合は初売セールのときが狙い目となります(^^)

  • アベ より:

    エクスセンスDCはどのザッシでみましたか?

    • 管理人 より:

      >アベさん
      エクスセンスDCは雑誌などにもまだ載っていない情報と思います。
      12/26の公表に含まれてなかったので、近日公表されるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事Recent Entry

  1. 8月19・20日 釣行 真昼間の灼熱野池でフローター!
  2. ソアリンシャッドⅡの3.1インチを使ってみました!
  3. 8月5・6日 釣行 台風直前の荒食い!チャターで50アップ2連発!
  4. 7月30日 釣行 ドライブシュリンプ&ガンタレルで初心の釣りを満喫!
  5. 7月23・24日 釣行 灼熱野池で50アップ3連発!
  6. 初夏の高知・愛媛遠征2017
  7. 最強のフォールベイト「ブルフラット」の使い方と釣れる理由を解説!
  8. 7月8・9日 釣行 天候急変の週末!チャター&ブルフラットが好調!
  9. Basser2017年5月号テキサスリグの特集がツボにはまった!
  10. 7月1・2日 釣行 釣り過ぎ注意!50アップ3本と良型8本以上の二桁釣果達成!

» 全ての記事を見る

検索メニューSearch Menu

ソーシャルメディアSocial Media

  • Instagram
  • YouTube
  • RSS